ボーイング 777。 ボーイング777の機材一部が住宅地落下、米トラブルで同系列の国内32機、運航停止

FAA、PW4000エンジンを搭載したボーイング777型機の運航停止を指示へ

777 ボーイング 777 ボーイング 777 ボーイング

生産終了 [ ]• 国土交通省では、「安全確保に万全を期すため、追加対策の必要性の有無を検討する間、当該航空機の運航停止を指示した」としている。

2

国土交通省、ボーイング777型機の運航停止を指示 32機が対象

777 ボーイング 777 ボーイング 777 ボーイング

制御ソフトウェアの記述言語には「」が採用されている。

1

JAL、エアバス A350の7号機が羽田に到着。ボーイング 777の置き換え進む

777 ボーイング 777 ボーイング 777 ボーイング

有償飛行での世界最多座席供給数は、全日本空輸が国内線で運航していた525席仕様で、これは双発機としても世界最多であった。 2014年6月、日本航空の所有する1機の777-200(JA8981)が退役した。 表中、ボーイング737各機種の詳細は以下の通り。

ANAのボーイング777と737、計2機が同日離日・退役

777 ボーイング 777 ボーイング 777 ボーイング

November 17, 2015• 、ドバイ・エアショーで、現777ファミリーを全て所有するから150機、から25機、から50機の発注を受けて、正式にプログラムローンチを決めた。

10

ANA、全席にシートモニターや電源装備の国内線ボーイング 777

777 ボーイング 777 ボーイング 777 ボーイング

日本航空のJA731Jとなっている。

15

JAL、エアバス A350の7号機が羽田に到着。ボーイング 777の置き換え進む

777 ボーイング 777 ボーイング 777 ボーイング

この主翼折りたたみ方式は従来の777でもオプション装備できる計画があったが、折りたたみ機構装備による機体重量増やメンテナンス性の低下を恐れた航空会社側から導入を敬遠された経緯があったり、また、この主翼折りたたみ方式は離陸前に必ず展開する必要があるがどの時点で展開するか、展開忘れを防止する装置を追加したり 、検討する課題も多く、今後機体製造の過程でこの方法が標準装備されるかは不透明である。 スーパーホーネット• 43m・推力115000ポンドのGE90-115Bに対し、GE9Xは直径3. 国交省はこれまで点検強化を指示していたが、追加の対策が必要かどうかを検討する間、運航停止が必要と判断した。

10

ANA、全席にシートモニターや電源装備の国内線ボーイング 777

777 ボーイング 777 ボーイング 777 ボーイング

(、、、製造)• ボーイング軍用航空機(Boeing Military Aircraft)• 世界中の多くのに調査を行い、特にその中でものや、、、、、、には機体の設計についても意見を求めた( )。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

ANAのボーイング777と737、計2機が同日離日・退役

777 ボーイング 777 ボーイング 777 ボーイング

日本では1999年から全日本空輸が導入を始め、2002年からは日本航空でも導入された。

ボーイング777の機材一部が住宅地落下、米トラブルで同系列の国内32機、運航停止

777 ボーイング 777 ボーイング 777 ボーイング

Intellectual Property Management• 有償飛行での座席数は、全日本空輸が当時世界でも例を見なかった横10列の密接した座席配置にして国内線で運航していた418席仕様が世界最多である(その後他社も国内線用として横10列を導入したほか、など一部の航空会社は国際線でも採用した)。 JA731J、JA732J。

14